前回の記事で、野菜のタネには固定種と交配種(F1)があって、どちらが安全でどちらが危険だということではなく、目的に合わせてタネを選べばいいという話をしました。
タネの安全性 固定種と交配種

ここで、交配種(F1)の安全性について疑問をもつ人が出てきます。
雄性不稔(ゆうせいふねん)ってどうなの?
かなり危険だって聞いたよ。
このような疑問です。
農業者じゃないのにこの言葉を知っているということは、かなり勉強されている方だと思います。
農業者であっても知らない人はたくさんいますし。
おそらく雄性不稔の問題について気にされている人は、野口のタネの野口勲さんの著書を読んだか講演を聞いたか、そこから派生した人たちの話を聞いたか、そのような経緯で危険性が伝わっているんだろうと推測されます。

当サイトに訪れてくれている人たちのほとんどは、雄性不稔という言葉を聞いたことがないでしょうし、こういう専門的な話をこの場でするべきではないと思いますが、タネの安全性という点において気にされる方もいらっしゃいますのでほんの少しですが触れていきます。
なるべく簡単に説明していきますので、興味がありましたら最後までご覧ください。

 

交配種(F1)とはなにか

まず、交配種について説明していきます。
簡単に言うと、性質の異なるそれぞれの両親を掛け合わせてつくったタネのことです。
人間でいえば
日本人とロシア人のハーフ、というように異なる人種の両親から生まれたタネ
と表現することができます。

なぜわざわざこんなことをするかといえば、純血日本人よりも強くて優秀な性質を持つことがあるからです。

日本人の血とロシア人の血が半分ずつ入っているその子は、両方の人種の性質を受け継ぐことになります。
見た目は日本人のように髪が黒くて肌が黄色なんだけど、背が高くて目が青い。
性格は和を大切にしながらも、考えていることを曖昧にせずストレートに表現します。
というような感じです。
交配種のタネというのは、このようなハーフの性質を持っているタネだといえます。

 

雄性不稔(ゆうせいふねん)とはなにか

雄性不稔というのは、交配種を作り出すために利用している現象です。
人間の場合は男性と女性がしっかりと別の個体として分かれているので、子どもを産みたいと思えばアレをアレすればいいんです。
ものすごくわかりやすいし簡単。
でも植物はそうじゃないものもあります。
一つの花の中におしべとめしべがあって、放っておいても花の中だけで受粉(交配)が終わってしまうんです。
生まれたときから許嫁(いいなずけ)がそばにいますよ、という状態ですね。
日本人同士の結婚
これをそのままにしておけば、いわゆる日本人(♂)と日本人(♀)が結婚して子どもを授かったという状態になります。
ふつうの交配です。
もしロシア人(♂)とのハーフを授かりたいと思えば、受粉する前に日本人(♀)のそばにいる許嫁日本人(♂)を強制連行して連れ去り、ロシア人(♂)と日本人(♀)とをお見合いさせなければいけません。
ロシア人が求婚
これが交配種をつくるときに行われている作業です。

うまい例えじゃないのでイメージが悪くなっていますが、許嫁だからといって必ず結婚しなきゃいけないわけでもありませんし、そのロシア人(♂)が魅力的でお互いが相思相愛になれば問題ありませんよね。
・・・・という感情論は話が逸れるのでここまで。

許嫁を引き離しておいてロシア人(♂)と結婚させる。
というこの作業が、じつはけっこう手間がかかるんです。
小さな花の中から、受粉する前の花を開いておしべだけをすべて取り除いて、残っているめしべに別の個体のおしべを受粉させる。
受粉作業はハチが請け負いますが、おしべを取り除くのは人の手。
これを人の手でやるのは根気のいる作業なんです。
種苗会社はここをなんとか改善したかった、という事情があります。
そこで生み出されたのが雄性不稔を使った交配技術というわけです。

 

雄性不稔というのは、許嫁である日本人(♂)が子どもを授かれない精子異常(無精子症)になっている状態の花を利用するものです。
雄性不稔
人間に個体差があるように、植物も何万何十万というなかには正常ではないものがいくつか出てきます。
そういった正常じゃないものから無精子症の個体を見つけて、それを交配に利用する。
交配作業をすこしでもラクにしようとしているんです。
許嫁(♂)が無精子症だから、それを取り除く必要がありません。
ハチがロシア人(♂)を運んでくるだけで受粉が完了します。
大変ラクなんです。
農家が、じゃないですよ。
タネを生産している会社がラクになるという話です。

 

これは別にそれほど特別な技術じゃありません。
自然界に存在しているものを利用して、拡大培養して商業のベースにのせる。
よくあることです。
味噌、納豆、醤油などの発酵食品をつくるときにはそれぞれの発酵に必要な菌が拡大培養されていますし、薬の製造にも微生物の培養は欠かせない技術です。
人類の発展に大きく貢献してきた過去の偉人・天才たちのなかには、障害を持っているがゆえに才能を発揮してきた人物もいたと思われますが、そういう人たちの存在を否定できますか?
雄性不稔は、一般的には異常だといって嫌われてしまうものにスポットを当てて有効活用していこうとするものです。

それなのになぜ雄性不稔が危険視されているかというと
無精子症の遺伝子をもった植物を食べることで、人間の精子にも影響がでる
と言っている人がいるからです。
ただし、この意見には根拠が全くありませんし言っている本人も仮説でしかないと述べています
その仮説が独り歩きして世の中に広まってしまった。
というのが現在の雄性不稔問題です。

納豆を毎日食べていたら「100℃で煮沸しても死なない」という納豆菌の性質が、人間にも影響を与えると思いますか?
自然界からかけ離れた異常な進化を繰り返してきた野菜という植物を食べることが、人間にも影響を与えると思いますか?
    詳しくはarrow070_01野菜の無農薬栽培が難しいのはなぜか

雄性不稔を危険視するのは、これらを心配することと同じです。

仮説を鵜呑みにして慌てふためくのではなく、目の前にある現実を冷静にしっかりと受け止めてほしいと思います。