有機野菜を美味しくいただくコツは 思い込むこと

みなさんには
有機野菜 = 美味しい
という思い込みはありませんか?
たとえ自分がそうでなくても、有機野菜であれば無条件に美味しいと思っている人は周りにけっこういるのではないでしょうか。
これについてちゃんと説明することは可能ですし、結論をいえば必ずしも
有機野菜 = 美味しい
ではないのですが、今回はそんな話ではなくて、
有機野菜が美味しいと思い込んでいることが結果として本当に美味しく感じさせている
ということについて触れていきます。
つまり、思い込みは人を幸せにするという話です。
ぜひ最後までご覧ください。

 

小麦粉という名の秘薬

薬
プラシーボ(プラセボ)効果ってご存知でしょうか。
ニセの薬を処方しても、それを薬だと信じ込むことによってなんらかの症状改善がみられること。
このような治療効果のことを指します。
風邪の症状が出ている患者に、これを飲むと症状が良くなると言って医者が風邪薬を渡す。
医者を信じて薬を飲んだら、本当に風邪の症状が改善された。
ところが。
医者が手渡した薬は、じつは薬ではなくてただの小麦粉だった。
というのがプラシーボ効果です。
この場合、結局のところ患者の自己治癒力で治ったんだろう、という話は置いておいてください。

患者は、医者が処方してくれた薬がまさか小麦粉だとは考えもしません。
それが薬であることを信じています。
だから、暗示効果といえばいいのか病は気からを体現したのか、患者は薬を飲むことによって風邪を治すことができました。

ここで。
医者の視点からみていくとどうでしょうか。
患者が薬を受け取るとき、医者はその薬を本物だと思って渡しています。
その薬を患者が飲むことで、本気で症状が改善すると信じています。
じつは小麦粉だとは思っていないんです。
薬と小麦粉をすり替えたのは、医者ではなくて看護師もしくは薬剤師です。
だから医者は、患者に対して嘘偽りなく話をしています。

というシチュエーションだからプラシーボ効果が出るんです。
患者は医者を信じている。
医者はその薬を飲むことで患者が良くなると信じている。

お互いに薬の効果を信じているから、それがたとえ小麦粉であっても効果が出るんです。

 

これがもし、医者が渡す薬がじつは小麦粉だということを知っていたらどうでしょうか。
患者に薬の説明をするとき、薬を手渡すとき、ほとんど無意識のレベルで医者が隠している感情が伝わります。
医者自身はちゃんと隠しているつもりでも、患者は無意識レベルでなにかを感じ取ります。
そして、医者からもらった薬を飲みますが・・・効きません。
小麦粉なので効かなくて当たり前なんですが、プラシーボ効果が出ないんです。
患者は医者を信じている(つもり)。
医者はその薬を飲むことで患者さんが良くなるとは思っていない。

という状況です。

プラシーボ効果が出るためには、双方の気持ちの嘘があってはだめだということです。
ちなみにこの話は私の作り話ではなく実際に実験で証明されています。
新薬の開発のときにはプラシーボの影響を排除するために、投与される患者の側と投与する医者の側両方ともどちらが偽薬か判らないようにしておかなければならない(二重盲検法)とされているそうです。

 

両者の思い込みが必要

このことは有機野菜神話にも適応されます。
有機野菜は美味しいものだと思い込んでいる人に、自信を持って美味しいと感じている有機野菜を農家が勧める。
というときは、食べた人にとっては有機野菜は格別の味わいになるはずです。
プラシーボ効果によって美味しさが増幅されます。
有機野菜だからといって美味しいとは限らないと思っている人に、農家自慢の有機野菜を食べてもらっても、プラシーボ効果は出ないのでふつうに美味しいだけ。
農家自身が採れた野菜に対して自信がもてるような出来ではないときは、プラシーボ効果が出るまでもなく食べて美味しいと感じることはありません。
ただし、食べる側の思い込みが激しければ、どんな有機野菜であっても美味しいと感じてもらえるかもしれませんけど。

 

というふうに、思い込みは非常に大切です。
知らなかったことで幸せになれる可能性が広がります。
有機農産物、無農薬の農産物については、色々とへたに詳しく知ってしまうよりも信頼できる農家に任せてしまったほうが美味しいものが手に入るはずです。
そして大前提ですが。
農産物を提供する農家は、自分の育てたものが自信をもって美味しいんだと言えるべきだし、そうでなければプラシーボ効果によって美味しさが増幅することはありません。

あなたがもし、有機野菜は美味しいものだと思っていて、これから有機農産物が購入できる農家を探すのであれば、
自分の育てたものに自信をもっている
そういう農家を選ぶといいでしょう。
プラシーボ効果が期待できます。

って意識から外れたところで働くのがプラシーボ効果なんだから、意識的にプラシーボを期待するのは違いますね。

とにかく言えることは
思い込むことは大切
盲信的であることはある意味幸せ

ということですね。

すこしでも参考になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

農家MOVIES

PAGE TOP