生産者にとって、その作物にどれくらい気持ちを入れられるかは非常に重要なことです。
好きな野菜はものすごく手をかけますし、嫌いな野菜は植えても植えっぱなしで管理をしません。
というかそもそも育てようとも思いません。

嫌いな野菜を育てられない、そこにはちゃんと意味があるんです。