有機野菜や無農薬野菜はどこで買うべきか その2 安全性

スーパーで当たり前のように買っている野菜にたいして不満が生まれた。
その不満は安全に対するものだったり、味に対するものだったり、子供がぜんぜん野菜を食べてくれない、など様々だけど不満を解消するための野菜はいったいどこにあるんだろう。
野菜に対する自分の不安を解消してくれる場所はどこなのか。
という問いかけに対してひとつの答えになればと思って書いています。

今回は表のなかの安全性について書いていきます。
diary150620-01
そもそも野菜の安全性に対して疑問を持つというのは、ほとんどの場合は農薬の安全性を指していると思います。
ですので、農薬について触れてみることが不安のほとんどを解決することになるでしょう。

現在、農薬の安全性問題については賛成意見と反対意見が世の中にかなり多く出回っていて、どれを信じていいのか分からない、自分で判断することが出来ないというのが現状だろうと思います。
それぞれの立場の人たちが、それぞれの知識や情報をもとに判断して、安全だとか危険だとか言っているので、正直に書いてしまえば
根拠を示したうえで発言されていることは、どの意見も正しい
というのが僕の見方です。
無毒性量やADI(一日摂取許容量)などの科学的根拠を示したうえで農薬は安全であるという人もいるし、ごく微量であっても人体に影響が出る可能性があるから危険だと人もいる。
ひとつひとつの基準値は低くても複数の農薬を組み合わせたときの危険性は増大するという人もいるし、統計で農薬による被害はほとんど出ていないんだから安全だとする人もいる。
それぞれの意見には根拠があり、安全の基準をどこに置くのかという違いはあるけれど、おそらく言われていることはほとんど正しいんです。
つまり日本の農薬の安全性というのは、基準をどこに置くのかというレベルで議論することで意見が二分するような、安全か危険かが紙一重の小さな差しかないんです。
 

納得できるかどうか

ものすごく厳しく判断したり国の基準なんてアテにならないという人からみれば農薬は危険ですが、国の厳しい検査基準をクリアしている農薬なんだから適正使用していれば大丈夫だと判断する人からみれば農薬は安全なわけです。
結局のところ、基準を設けて安全を担保してくれている国を信じるのか、それとも時間をかけて調べたうえで選択・判断する自分を信じるのか、
あなたは何を信じますか
という話なんですね。

スーパーで買う野菜の安全性に疑問をもって有機野菜を求める人は、その選択をすることで自身の不安が消えるのであればそうすればいいんです。
有機野菜の安全性にも疑問を持つのであれば、農薬も肥料も使わないような自然栽培の野菜を求めればいいし、水や空気の汚染が気になるなら山奥で有機農業やってる人から買えばいい、それでも納得できないのなら家庭菜園でもやって自分で育てるしかないわけです。

野菜に限らず、安全性というのは突き詰めていくとキリがありません。
自分が納得できるかどうか
ということに尽きると思います。
 

評価の差はそれほど大きくない

さて、こう言っておきながら表ではすべてが同じ評価ではありません。
その点について解説しておきます。
基本的には、上記のように農薬の使用・不使用による安全性の差はごくごく小さいため評価はすべて同じでもいいと考えています。
とはいえ、ものすごく単純に考えてほしいんですが
農薬を使ったことによる安全性・危険性の議論がある前に、そもそも農薬を使っていないものとの差はあるだろうということです。
ごく微量であっても人体に影響があるかもしれないという意見がある以上、無農薬との差はあってしかるべきだと思うんです。
そういう意味でスーパーで買う野菜、つまりは農薬を適正使用した一般的な野菜の評価をひとつ落として△にしています。
それじゃあ、×になっている地域の直売所や朝市はどうかというと、いわゆる市場を通さないで地域で売りに出される野菜というのは、その地域の農家が出品していることが多くて、その農家というのは家庭菜園をちょっと大きくしたようなレベルの人たちも含まれるため、農薬の使用基準を守っているかどうかという点に不安が残るんです。
大型直売所のように検査体制がしっかりしているところであれば大丈夫だとは思うんですが、もともと低価格競争にさらされることが多い直売所などは野菜の見栄えをよくしないと売れないため農薬をバンバンかけちゃうという可能性は否定できません。
つまり、そもそもの農薬使用基準を守っているかの検査体制の不安があるため×の評価になっています。

まとめれば、農薬を使わないに越したことはないが、基本的に農薬の使用・不使用による安全性に大きな差はない、農薬は使用基準を守ってこそ安全性が担保される、という感じでしょうか。

本当は、野菜の安全性問題というのは農薬に限ったことではないんですが、さしあたって安全性を考える上では農薬が大きなウエイトを占めるので論点を絞って書きました。
参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

農家MOVIES

PAGE TOP